MENU

ヴォクシー15万キロの買取に関して

トヨタの中型ミニバンのヴォクシーで15万キロを超えるようなモデルとなるとそのほとんどが2001年に発売された初代モデルということになるでしょう。 ヴォクシーの初代モデルは現在のヴォクシーのように、ノアと差別化があまりされていない時代モデルです。 ヴォクシーの人気というのは、あくまでもノアとは違う部分を持っているということで、保守的な大衆ファミリーカーであるノアに対して若干ゴテゴテ感のあるエクステリアを持つヴォクシーだからこそ人気があるのです。 それは2代目ノアとヴォクシーを見ればわかると思います。 そういった人気傾向の中であまり違いがないということは買取相場以前に初代モデルのヴォクシー自体の人気がないということになります。 この2つのデメリットから初代モデルのヴォクシーの需要は低く、更に走行距離も15万キロともなりますと一層需要が低くなることがわかります。 一方、15万キロ走行でも2代目モデルとなれば多少は話が変わってきます。 初代モデルと比べてもノアとの違いが大きくなってきていますし、装備も豪華になっていることから今でも2代目モデルの需要は高く、走行距離が短いものであれば結構ない金額で買い取られているようです。 ただ、やっぱり15万キロともなるとあちこちにトラブルを抱えているものも多くなりますし、消耗品を交換しなければ商品とすることができませんので、査定額も大きくマイナスとなり、高額買取には程遠い金額になることが多くなってしまいます。 車によってはここで売却先を考えることによってより高い買取金額を求めることができるのですが、大衆ファミリーミニバンであるヴォクシーにはそういった逃げ道がありません。 やはり一番高くなるのは一般的に出回っている大手買取店であって、専門店などもなく、輸出による需要もないため、ここで我慢するしかありません。 あえて言うのであれば買取店でもトヨタ系列のT-UPあたりがいいかもしれません。 T-UPは、表面上は一般的な自動車買取店ですが、自動車メーカーのトヨタの影響を強く受けているところで、車を買い取ってそれを転売することによって利益を上げる一方、トヨタの中古車の価値を下げさせないことも一つの役目となっており、例え中古車市場で人気がなく、中古車需要がなくても比較的高く買い取ることがよくあるそうです。 そういった中で15万キロ走っていてもヴォクシーはトヨタの車ですので、T-UPであれば他の買取店よりも多少色は付けてくれると思います

関連ページ

アルファード15万キロの買取について
アルファード15万キロは買取でも売れるのか?
エスティマの15万キロでも買取で高く売れる?
エスティマは15万キロだとしても買取でも売れるのかお答えします。廃車はちょっと待ってください。
ランドクルーザープラドの15万キロでも買取で高く売れる?
ランドクルーザープラドは15万キロだとしても買取でも売れるのかお答えします。廃車はちょっと待ってください。
ノアの15万キロでも買取で高く売れる?
ノアは15万キロだとしても買取でも売れるのかお答えします。廃車はちょっと待ってください。
ハリアーの15万キロでも買取で高く売れる?
ハリアーは15万キロだとしても買取でも売れるのかお答えします。廃車はちょっと待ってください。
セレナの15万キロでも買取で高く売れる?
セレナは15万キロだとしても買取でも売れるのかお答えします。廃車はちょっと待ってください。
ステップワゴンの15万キロでも買取で高く売れる?
ステップワゴンは15万キロだとしても買取でも売れるのかお答えします。廃車はちょっと待ってください。
オデッセイの15万キロでも買取で高く売れる?
オデッセイは15万キロだとしても買取でも売れるのかお答えします。廃車はちょっと待ってください。
ワゴンRの15万キロでも買取で高く売れる?
ワゴンRは15万キロだとしても買取でも売れるのかお答えします。廃車はちょっと待ってください。