MPVの15万キロを高く買取してもらうコツ

MENU

MPVの15万キロを高く買取してもらうコツ

MPV15万キロの買取相場:0万円〜35万円

※これはあくまで相場であり、状態や年式などにより実際の査定価格とは異なることがあります。

15万キロ走っていたとして諦めるのはまだ早いです。中には15万キロだとしても思わぬ金額で買取してくれる買取業者がいます。しかし、自分で探すのは大変なので無料一括査定を使って15万キロの車を最高値で買取してくれる業者を探しましょう。
ちなみに15万キロの車を下取りに出すのは、ドブにお金を捨てるのと一緒です。賢い人は15万キロの車こそ一括買取査定などのサービスを使って少しでも高く愛車を売却しています。

 

15万キロのMPVでも高く売る方法とは?

 

マツダのMPVは日本のミニバン創成期に発売された大型ミニバンです。
1988年に初代モデルが発売されてから2016年まで2代目モデルを除いて、1つのモデルを長く売る形で3つのモデルを作ってきました。

 

このモデルは一応ミニバンとして作られているのですが、初代モデルは今でいうところのクロスオーバーSUVに近い作り、最終モデルとなる3代目モデルはラダーフレーム内蔵のシャシーを持つためSUVに使い作りとなっていて、ミニバンとしての需要とクロスオーバーSUV、あるいはSUVとしての需要の両方があります。

 

しかし、その中途半端なつくりが災いしてか、思ったほど売れずに最終的に不人気ゆえの生産終了となってしまったのです。
たとえば最終モデルでいえば、ミニバンとしてみれば人気のないの低ルーフミニバンでキャビンは狭いのでこれなら中型ミニバンを買った方がよいとなりますし、一方でSUVとして見ると見た目がおとなしいのSUVには見えませんし、ロードクリアランスが取られていないので、オフロード走行をするとすぐにお腹を吸ってしまうといった具合ですのでこれならオンロード志向でもクロスオーバーSUVを買った方がいいということになってしまいます。
やはりどっちつかずの作りの車はあまり好まれないようです。

 

中古車の価値としてもはっきり言ってあまり高くありません。
最終モデルの2016年式でも30万円から180万円ぐらいがいいところで200万円を超えることは難しくなっています。
そして15万キロオーバーのものですが、こちらもかなり厳しい状態となります。
15万キロオーバーとなるような年式はだいたい最終モデルの最初のころ以前のものとなります。
早く見積もっても6年落ち以上となりますのでその年式で見るとだいたい35万円ぐらいで買い取られているようです。

 

ただ一般的には8年落ちとか10年落ちとか12年落ちぐらいの年式になってしまうことが多いので実際はもっと安い金額・・・というか、たぶんそれぐらい年式になってしまうと値がつかない状態となります。
15万キロオーバーのものでそれなりの対価を得る売却ができるのはせいぜい7年落ちぐらいまででそれ以上に古くなってしまったら売ることはできません。

 

売ることはできないといってもすぐさま廃車をするのはもったいないです。
とりあえず一括査定サイトなどでいろいろな買取店に打診をして1円でも値がつくようであればそこで売却します。
それでも売ることができなかったら今度は事故車買取店を探します。
事故車買取店であれば、最低でも車を解体する費用と永久抹消登録をする手間を省くことができますので現金が手に入らなくても利用をするといいでしょう。

 

事故車買取店でも売ることができなかったら仕方がありません、自腹を切って解体を行い、永久抹消登録を行って廃車するしかないでしょう。
まあ、だいたいの車であれば事故車買取店で何とか買取ってくれますので、自分で廃車をするということにはならないかと思いますが、流れとしてはこういった形で進めれば、損をしないで処分をすることができると思います。

関連ページ

アクセラの15万キロを高く買取してもらうコツ
15万キロのアクセラを買取で少しでも高く売る方法を詳しく書いた記事です。
アテンザの15万キロを高く買取してもらうコツ
15万キロのアテンザを買取で少しでも高く売る方法を詳しく書いた記事です。
デミオの15万キロを高く買取してもらうコツ
15万キロのデミオを買取で少しでも高く売る方法を詳しく書いた記事です。
ビアンテの15万キロを高く買取してもらうコツ
15万キロのビアンテを買取で少しでも高く売る方法を詳しく書いた記事です。
プレマシーの15万キロを高く買取してもらうコツ
15万キロのプレマシーを買取で少しでも高く売る方法を詳しく書いた記事です。
ロードスターの15万キロを高く買取してもらうコツ
15万キロのロードスターを買取で少しでも高く売る方法を詳しく書いた記事です。