ビアンテの15万キロを高く買取してもらうコツ

MENU

ビアンテの15万キロを高く買取してもらうコツ

ビアンテ15万キロの買取相場:0万円〜20万円

※これはあくまで相場であり、状態や年式などにより実際の査定価格とは異なることがあります。

15万キロ走っていたとして諦めるのはまだ早いです。中には15万キロだとしても思わぬ金額で買取してくれる買取業者がいます。しかし、自分で探すのは大変なので無料一括査定を使って15万キロの車を最高値で買取してくれる業者を探しましょう。
ちなみに15万キロの車を下取りに出すのは、ドブにお金を捨てるのと一緒です。賢い人は15万キロの車こそ一括買取査定などのサービスを使って少しでも高く愛車を売却しています。

 

15万キロのビアンテでも高く売る方法とは?

 

一時期、大ブームを引き起こしたミニバン、そのミニバンブームの乗るためにマツダが作ったのがビアンテでした。
日産やトヨタなどでは2リッタークラスの中型ミニバン、2リッターオーバーの大型ミニバンといった形で分けて、それぞれの車を作るというスタイルをとっていましたがマツダではその2つを兼ねるモデルとしてこのビアンテに2.3リッターエンジンと2リッターエンジンを用意していました。
ボディは3ナンバーボディを持つ大きなもので大型ミニバンにあわせていたことになり、2.3リッターエンジンモデルとしては良かったのですが、2リッターエンジンモデルには少し大きすぎて居住性は高かったのですが、中型ミニバンならではの取り回しの良さを実現することができませんでした。

 

2.3リッターエンジンモデルに関しても他の自動車メーカーが発売する大型ミニバンが小排気量モデル2.4リッターエンジンを、大排気量エンジンモデルで3.5リッターもの大きなエンジンを搭載している中で2.3リッターエンジンというのは燃費の面では良さそうですが、パワー不足を感じることになり、そういった面であまり人気が出ませんでした。
要するにどっちつかずの車作りをしてしまったということで、MPVにも同じことが言えます。

 

そういったことを解消するために遅ればせながら2013年のマイナーチェンジの際に2.3リッターエンジンモデルを廃止し2リッターエンジンだけのバリエーション、要するに中型ミニバンだけで売っていこうということになったということです。

 

しかし、人気は相変わらず低い水準で推移しているようで、そろそろモデルチェンジやモデルの廃止などが騒がれてきている始末です。

 

中古車市場にも全くないわけではありませんが台数はかなり少ないといっていいでしょう。
あわせて中古車需要もかなり低いので中古車としての価値も低いといえます。
実際の買取金額は3年落ちのもので100万円から150万円ぐらい、5年落ちで80万円から130万円とやはりあまりいいきんがくにはなっていないようです。

 

では15万キロオーバーとなるモデルはどうかというとたとえば年間走行距離20000キロで8年落ちだとするとだいたい20万円ぐらい、10年落ちで8万円ぐらいとなります。
一番古いモデルでも2008年式と比較的新しいので、状態がよくどこにも故障がないのであれば、15万キロオーバーでも買取不能にはならないようですが、これはミニバンを求める方の「一時的に乗る車」という考え方によっても助けられているといっていいでしょう。

 

売る場所は普通の買取店でいいかと思います。
1つの選択肢としてミニバン専門店もありますが、このモデルはミニバンを欲しがっている方からも需要が弱いのでミニバン専門店で売っても損は出ませんが、買取金額が大幅にアップするということもないでしょう。
それならむしろ一括査定サイトなどを利用して買取店を複数あたり、その中から一番高い金額を出してきたところで売却した方が手っ取り早いかもしれません。

関連ページ

MPVの15万キロを高く買取してもらうコツ
15万キロのMPVを買取で少しでも高く売る方法を詳しく書いた記事です。
アクセラの15万キロを高く買取してもらうコツ
15万キロのアクセラを買取で少しでも高く売る方法を詳しく書いた記事です。
アテンザの15万キロを高く買取してもらうコツ
15万キロのアテンザを買取で少しでも高く売る方法を詳しく書いた記事です。
デミオの15万キロを高く買取してもらうコツ
15万キロのデミオを買取で少しでも高く売る方法を詳しく書いた記事です。
プレマシーの15万キロを高く買取してもらうコツ
15万キロのプレマシーを買取で少しでも高く売る方法を詳しく書いた記事です。
ロードスターの15万キロを高く買取してもらうコツ
15万キロのロードスターを買取で少しでも高く売る方法を詳しく書いた記事です。