デミオの15万キロを高く買取してもらうコツ

MENU

デミオの15万キロを高く買取してもらうコツ

デミオ15万キロの買取相場:0万円〜5万円

※これはあくまで相場であり、状態や年式などにより実際の査定価格とは異なることがあります。

15万キロ走っていたとして諦めるのはまだ早いです。中には15万キロだとしても思わぬ金額で買取してくれる買取業者がいます。しかし、自分で探すのは大変なので無料一括査定を使って15万キロの車を最高値で買取してくれる業者を探しましょう。
ちなみに15万キロの車を下取りに出すのは、ドブにお金を捨てるのと一緒です。賢い人は15万キロの車こそ一括買取査定などのサービスを使って少しでも高く愛車を売却しています。

 

15万キロのデミオでも高く売る方法とは?

 

マツダが生産・販売するモデルの中で一番小さいモデルとなるのがデミオです。
デミオは1996年に発売が開始されて以来、現在まで4つのモデルを販売してきましたが、現行モデルこそコンパクトカーとして販売されていますが、発売当時はコンパクトカーではなく、ワゴン性の強いトールワゴンとして作られていました。
これは当時にミニバンブームに乗っかるためで、コンパクトカークラスのボディを持ちながらも全高を高くしてリヤシート周りの居住性を高める形でワゴンとして販売していたのです。

 

この傾向は2代目モデルまで続きましたが、その後ミニバンブームは去り、今度は低燃費ブームによるコンパクトカーが支持されたことから一転してトールワゴンではなくコンパクトカーとして作られるようになったのです。
コンパクトカーとなって初めてのモデルとなる3代目モデルはとても売れました。
経営が傾いたマツダを立て直したといってもいいぐらいです。
この頃からSKYACTIVテクノロジーという低燃費技術を採用しており、燃費の良いコンパクトカーとして販売したのが大当たりだったわけです。
2017年現在の中古車市場で一番多く取引されているのがこの3代目モデルで、かなり台数が多いため若干値崩れ気味となっているようです。

 

その3代目モデルと変わってここ最近多く入ってくるのが現行モデルとなる4代目モデルです。
現行モデルになってからガソリンエンジンモデルの他にディーゼルエンジンモデルも用意されるようになりましたが、他のマツダ車と同じように、ディーゼルエンジンモデルはあまり人気がなく、中古車市場でも需要はあまりありません。
しかし困ったことに、中古車市場に入ってくるデミオの半分ぐらいがこのディーゼルエンジンモデルであって、現状ではディーゼルエンジンモデルが余っている状態となっているのです。

 

これは新車を買う人はある種の期待や物珍しさ、風潮などから一時の考えだけでディーゼルエンジンモデルを買ってしまったがやはりあの独特な音、振動、エンジン特性に我慢ができず、早々に売りに出してしまう方が多いということを表しています。
これによって中古車市場におけるデミオ全体の価値が低下しており、150万円から230万円ぐらいの新車価格が付けられているものが、3年落ちでたった70万円から90万円ぐらいにしかならないのです。
それだけ価値が低くなっている中で台数が異常に多く先代モデルとなる15万キロオーバーとなるモデルがいくらで買い取られるのかというとどう頑張っても50000円がいいところだと思います。
10年落ちぐらいで買取不能となりますので、デミオを売って現金を手に入れたいと思っているのであれば、距離に関係なく遅くても10年落ち以内に売りに出した方がいいでしょう。

 

残念ながら大衆コンパクトカーとなりますのでこれといって高く売れるルートも売れる場所もありませんので、一括査定サイトなどを利用して高く買取ってくれる買取店を探してそこで売るしかないようです。

関連ページ

MPVの15万キロを高く買取してもらうコツ
15万キロのMPVを買取で少しでも高く売る方法を詳しく書いた記事です。
アクセラの15万キロを高く買取してもらうコツ
15万キロのアクセラを買取で少しでも高く売る方法を詳しく書いた記事です。
アテンザの15万キロを高く買取してもらうコツ
15万キロのアテンザを買取で少しでも高く売る方法を詳しく書いた記事です。
ビアンテの15万キロを高く買取してもらうコツ
15万キロのビアンテを買取で少しでも高く売る方法を詳しく書いた記事です。
プレマシーの15万キロを高く買取してもらうコツ
15万キロのプレマシーを買取で少しでも高く売る方法を詳しく書いた記事です。
ロードスターの15万キロを高く買取してもらうコツ
15万キロのロードスターを買取で少しでも高く売る方法を詳しく書いた記事です。