アクセラの15万キロを高く買取してもらうコツ

MENU

アクセラの15万キロを高く買取してもらうコツ

アクセラ15万キロの買取相場:0万円〜10万円

※これはあくまで相場であり、状態や年式などにより実際の査定価格とは異なることがあります。

15万キロ走っていたとして諦めるのはまだ早いです。中には15万キロだとしても思わぬ金額で買取してくれる買取業者がいます。しかし、自分で探すのは大変なので無料一括査定を使って15万キロの車を最高値で買取してくれる業者を探しましょう。
ちなみに15万キロの車を下取りに出すのは、ドブにお金を捨てるのと一緒です。賢い人は15万キロの車こそ一括買取査定などのサービスを使って少しでも高く愛車を売却しています。

 

15万キロのアクセラでも高く売る方法とは?

 

マツダのアクセラは過去に発売されていたファミリアの後継モデルとして作られた車です。
要するにマツダの大衆車ということになります。

 

ファミリアからアクセラになったのは2003年のこと、その年から現在まで3代にわたって販売されています。
このモデルは基本的にはカローラなどと同じ大衆車ですので、特にこれといって秀でた性能を持たない車です。

 

走行性能も平凡、エンジンパワーは必要最低限、燃費だけはSKYACTIVテクノロジーに採用でまあまあですが、特に使い勝手がいいわけでもないですし居住性が高いわけでもありませんので、爆発的なヒットにつながることはこれまでありませんでした。
どちらかというとどれでもいいとか、買う車がこれといったない方が必要に駆られて買うといった需要形態を持つため、どのモデルもどの年式も平均的にそこそこの台数が売れているといった状態です。

 

実はこういった傾向を持つ車は中古車市場に入ってくるとかなり状況が悪くなります。
平凡ながらそれなりの販売台数となっているため、中古車市場に全体で見ると台数が多くなります。
しかし、特別な需要があるわけでもなく、新車市場で大ヒットしたわけでもありませんので中古車需要は思ったより多くないのです。

 

台数が多くて需要が少ないというのは中古車の価値を下げる典型的な理由となりうるので、このアクセラは中古車としての価値が高くない車といえるでしょう。
実際の買取金額を見てみると一年落ちのモデルこそ150万円から170万円ぐらいで買い取られていますが、3年落ちで90万円から120万円ぐらい、5年落ちで40万円から70万円ぐらいといった金額になります。

 

この流れから言うと15万キロオーバーとなる車が出始める8年落ち以上のモデルとなるとかなり厳しい金額になることがわかります。
8年落ちで15万キロオーバーとなるとだいたい10万円ぐらいがいいところです。
この年式を超えるとたぶん買取は難しいかもしれません。

 

それからアクセラの現行モデルとなる3代目モデルにはガソリンエンジンモデルの他にディーゼルエンジンモデルと先代プリ数のハイブリッドシステムを移植したハイブリッドモデルがありますが、この中でまともな金額がつくのはガソリン絵人モデルだけとなります。
ディーゼルエンジンモデルは日本人のディーゼルエンジン嫌いが影響して中古車市場では一部の人間にしか売れないので価値が低くなり、ハイブリッドモデルは故障が多いトヨタのTHS-IIで更に走行距離が進むことによって故障のリスクが極端に高まることを知っているので買おうとする方がかなり少ないのです。
それなりの金額で売ることができるのはガソリンエンジンモデルだけと理解しておきましょう。

 

それから高くなる可能性がある売り先ですが、特に高く売ることができるポイントが一切ない車ですので、売る場所は大衆車が一番向いている一般的な買取店で良いと思います。

関連ページ

MPVの15万キロを高く買取してもらうコツ
15万キロのMPVを買取で少しでも高く売る方法を詳しく書いた記事です。
アテンザの15万キロを高く買取してもらうコツ
15万キロのアテンザを買取で少しでも高く売る方法を詳しく書いた記事です。
デミオの15万キロを高く買取してもらうコツ
15万キロのデミオを買取で少しでも高く売る方法を詳しく書いた記事です。
ビアンテの15万キロを高く買取してもらうコツ
15万キロのビアンテを買取で少しでも高く売る方法を詳しく書いた記事です。
プレマシーの15万キロを高く買取してもらうコツ
15万キロのプレマシーを買取で少しでも高く売る方法を詳しく書いた記事です。
ロードスターの15万キロを高く買取してもらうコツ
15万キロのロードスターを買取で少しでも高く売る方法を詳しく書いた記事です。