ボルボ V70の15万キロを高く買取してもらうコツ

MENU

ボルボ V70の15万キロを高く買取してもらうコツ

ボルボ V7015万キロの買取相場:0万円〜12万円

※これはあくまで相場であり、状態や年式などにより実際の査定価格とは異なることがあります。

15万キロ走っていたとして諦めるのはまだ早いです。中には15万キロだとしても思わぬ金額で買取してくれる買取業者がいます。しかし、自分で探すのは大変なので無料一括査定を使って15万キロの車を最高値で買取してくれる業者を探しましょう。
ちなみに15万キロの車を下取りに出すのは、ドブにお金を捨てるのと一緒です。賢い人は15万キロの車こそ一括買取査定などのサービスを使って少しでも高く愛車を売却しています。

 

15万キロのボルボ V70でも高く売る方法とは?

 

スウェーデンの自動車メーカーとして日本でもよく知られているボルボ、ボルボといえば240エステート、740エステート、850エステートといったステーションワゴンモデルが日本の好景気によって大ヒットしたことから、「ステーションワゴンモデルのボルボ」といった印象が強く持たれているようです。
そのヒットモデルである850エステートの後継モデルとなるのがこのV70でした。

 

ボルボ V70は1996年に初代モデルが発売されてから3つモデルを出しており、2016年にV90というモデルに引き継ぐ形で清算を終了したモデルです。
いわゆる大型ステーションワゴンモデルというもので、国産車として発売されていないモデルということでそこそこの売り上げを上げていました。
特にバブルの時代を知っている方にとっては良い思いをした当時の一つの象徴として扱われることが多く、それによって後継モデルとなるV70を買う人もいるそうです。

 

ただこのモデルは後継モデルが発売されていますし、生産終了から時間が経っていることから中古車市場での価値は少し落ちており、日本人が苦手とするステーションワゴンモデルということで需要が少なくなっていることから、買取金額は思ったほど高くはありませんが、日本にはないタイプの車ですので、そういった特殊な需要があることやここ最近、ボルボが発売したコンパクトモデルの売れ行きが好調でその影響から中古車市場でもボルボ自体が注目されていることから、価値は低いものの極端な値落ちは起こっていません。

 

2007年から発売されている最終モデルで見てみると3年落ちで150万円から290万円ぐらい、5年落ちで100万円から250万円ぐらいとなかなかの数字です。
そして15万キロオーバーとなったものですが、スウェーデンの車は、他のヨーロッパ車と比べて故障が少なく、ボディのヨレもあまりないことから走行距離を重ねていても商品として成り立ちます。
そのため買取に関しても他のヨーロッパ車ですと避けるような超過走行車でもそこそこの金額で買い取ってくれることが多いようです。

 

仮に年間20000キロ走行車で8年かかったとして、8年落ちで12万円ぐらいで買い取られることになるでしょう。
ただし、年式がもっと古くなったり、モデルが古くなるとどうしても価値の下落を避けることができず、買取に関しても難しくなります。

 

ボルボの車だったら普通の買取店で売却するのではなく、ボルボ専門店とか欧州車専門店といったところで売るといいでしょう。
ボルボにはボルボだけのファンが多いため、そういった方向けに中古車を売っているところであれば、買取金額も弾んでくれるはずです。
一般の買取店で買取不能となってしまったものでも、もしかしたら値がつくことがあるかもしれません。
ちなみに新車を買う時の下取りですが、こちらはもっと値がつきませんので、それなら事故車買取店で処分費用を稼いだ方がいいでしょう。

関連ページ

ボルボ V60の15万キロを高く買取してもらうコツ
15万キロのボルボ V60を買取で少しでも高く売る方法を詳しく書いた記事です。