フォルクスワーゲン ポロの15万キロを高く買取してもらうコツ

MENU

フォルクスワーゲン ポロの15万キロを高く買取してもらうコツ

フォルクスワーゲン ポロ15万キロの買取相場:0万円〜0万円

※これはあくまで相場であり、状態や年式などにより実際の査定価格とは異なることがあります。

15万キロ走っていたとして諦めるのはまだ早いです。中には15万キロだとしても思わぬ金額で買取してくれる買取業者がいます。しかし、自分で探すのは大変なので無料一括査定を使って15万キロの車を最高値で買取してくれる業者を探しましょう。
ちなみに15万キロの車を下取りに出すのは、ドブにお金を捨てるのと一緒です。賢い人は15万キロの車こそ一括買取査定などのサービスを使って少しでも高く愛車を売却しています。

 

15万キロのフォルクスワーゲン ポロでも高く売る方法とは?

 

フォルクスワーゲンの車といえばゴルフが有名ですが、ゴルフは小型ハッチバックモデルとして発売されているモデルですが、フォルクスワーゲンには更に小さなモデルが存在します。
その一つがフォルクスワーゲン・ポロです。

 

このモデルは当初は1300ccクラスのエンジンを搭載しボディサイズも小さなモデルとして作られ、ゴルフの弟分的な車として扱われていたのですが、そのゴルフがモデルチェンジを繰り返していくうちにどんどん大型化していったことで本来のゴルフのターゲット層から外れてしまいました。

 

そこでフォルクスワーゲンは急遽、このポロをそれまでゴルフが担ってきたターゲット層にあてがうための車として作るようになり、今では一昔前のゴルフと同じ車格にいる車となってしまいました。
そして悪いことにこのポロまでどんどん肥大化していき、その部分を埋めるためにアップというモデルを作るようにまでなったのです。
ドイツの自動車メーカーの悪い癖です。

 

日本では当初から女性用のコンパクトカーとして人気があったのですがその人気の限定的でした。
その理由はやはりゴルフの印象があまりにも強いからです。
フォルクスワーゲンの車といって最初に思いつく車は何?・・・と聞かれた場合、たぶんそのほとんどの方が「ゴルフ」と答えるでしょう。
そしてそれと同じようにフォルクスワーゲンの小型モデルといって最初に思いつく車は何?・・・と聞いても同じように「ゴルフ」と答えるでしょう。

 

それだけフォルクスワーゲン・ゴルフはフォルクスワーゲンの車として根付いているということなのです。
そうなると新車を買うにしても中古車を買うにしてもポロではなくゴルフをとりあえず候補としてあげることになりますのでそれだけでも需要が少なくなるわけです。

 

中古車市場でも買いやすい割には思ったほど需要はありません。
そのため買取店などでの買取金額も低く、3年落ちで90万円から140万円ぐらい、5年落ちで60万円から120万円ぐらいといった金額にしかなりません。

 

ではこれが15万キロといった車の場合はどうでしょうか。
この車で15万キロといった走行距離にするには相当な時間がかかります。
平均して年間15000キロ程度と見ても10年はかかるでしょう。
仮に年間20000キロとすると8年となりますのでそこから見ていくと、8年落ちの時点で値がつきません。
ということは10年落ちでも0円であるということです。

 

そもそもこの車は1.4リッター前後のコンパクト大衆車として作られていますので、潜在的な価値というものが低い状態で売られています。
それが古くなり、走行距離が進んで行けば価値の低下はめまぐるしいものになりますし、15万キロといった最悪の状態であれば、新車の時に相当な潜在的な価値を持たない限り値段などつかないでしょう。

 

この車は基本的にワンオーナーの使い捨てで乗るのが一番にあっている車ですので、こういったことになっても文句も言えません。
少しでも現金が欲しいのであれば、事故車買取店でスクラップとして売るしかないでしょう。

関連ページ

フォルクスワーゲン ゴルフの15万キロを高く買取してもらうコツ
15万キロのフォルクスワーゲン ゴルフを買取で少しでも高く売る方法を詳しく書いた記事です。
フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアントの15万キロを高く買取してもらうコツ
15万キロのフォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアントを買取で少しでも高く売る方法を詳しく書いた記事です。
フォルクスワーゲン ザ・ビートルの15万キロを高く買取してもらうコツ
15万キロのフォルクスワーゲン ザ・ビートルを買取で少しでも高く売る方法を詳しく書いた記事です。
フォルクスワーゲン パサートの15万キロを高く買取してもらうコツ
15万キロのフォルクスワーゲン パサートを買取で少しでも高く売る方法を詳しく書いた記事です。