キャストの15万キロを高く買取してもらうコツ

MENU

キャストの15万キロを高く買取してもらうコツ

キャスト 15万キロの買取相場:0万円〜7万円

※これはあくまで相場であり、状態や年式などにより実際の査定価格とは異なることがあります。

15万キロ走っていたとして諦めるのはまだ早いです。中には15万キロだとしても思わぬ金額で買取してくれる買取業者がいます。しかし、自分で探すのは大変なので無料一括査定を使って15万キロの車を最高値で買取してくれる業者を探しましょう。
ちなみに15万キロの車を下取りに出すのは、ドブにお金を捨てるのと一緒です。賢い人は15万キロの車こそ一括買取査定などのサービスを使って少しでも高く愛車を売却しています。

 

15万キロのキャストでも高く売る方法とは?

 

スズキのハスラーが大ヒットしている、スポーツモデルのアルトワークスが復活した!
ライバルであるスズキの動きが活発になる中、ダイハツは相変わらずコスト削減策に頭を悩ませていて思い通りの車作りができないでいました。

 

ハスラーに対抗してタントからウェイクを作ったはいいがすぐに見抜かれてしまったことで失敗に終わった、軽スポーツモデルなど作り方すら忘れてしまったといった状況におかれたダイハツが取った手段は新しいシリーズの発売でした。

 

それがキャストシリーズで、スポーティーなキャストスポーツ、クロスオーバーSUV風のキャストアクティバ、女性向けもモデルのキャストスタイルの3台です。
新しいモデルといってもトヨタグループのダイハツが行うことですから、例によって流用です。
内を流用したかというとムーヴを使って作っています。
ムーヴのプラットフォームに専用ボディを乗せて、各モデルごとに外装パーツとサスペンションキットを変えただけ・・・といった代物です。
要するにムーヴの派生モデルでしかないということになります。

 

消費者もトヨタグループの流用による車作りにいい加減、嫌気がさしてきているようで、このモデルが発売されてもすぐに飛びつく人はほとんどおらず、非常に慎重に車選びをしていたようで、いわゆる新車発売によるまとまった需要というものがほとんどないままここまで来ています。
それもそのはず、このモデルが出る直前にタントと99%同じといっていいウェイクを作り、それを独立した車種として、クロスオーバーSUV風の車として発売しているのですから、消費者が疑いの目を持つのも当然です。
買ったはいいが今度何の車と同じなのか?・・・このようなことを考えてしまいます。

 

中古車市場の需要傾向も同じで、キャストシリーズを買うのであればムーヴを買った方がいいということで需要はあまり高くありません。
買取金額を見てみても一番古いモデルとなる2年落ちモデルで80万円から110万円といった軽自動車であればごく普通の金額となっていて、3種類あるモデルにおいても買取金額の差はほとんどなく、どのモデルでも同じような金額で買い取られているようです。

 

そして15万キロオーバーとなるものの買取金額ですが2015年に発売されたものですので、15万キロオーバーとなるものはかなり数が少なく、実際に売買されたというのもの聞いたことがないので何とも言えませんが、たたムーヴとほぼ同じ車ですのでムーヴの相場をあてはめるのが一番妥当かと思います。
8年落ちで70000円ぐらい、10年落ちで買取不能です。

 

高く売る方法ですが・・・ムーヴと同じようにこれといった方法はありません。
特に15万キロオーバーとなってしまうと軽自動車は完全に寿命を過ぎているので価値がなくても当たり前と思うべきなのです。
それを高く売ろうとするのですから難しいに決まっています。
しいて言えば事故車買取店でしょうか。

関連ページ

アトレーワゴンの15万キロを高く買取してもらうコツ
15万キロのアトレーワゴンを買取で少しでも高く売る方法を詳しく書いた記事です。
コペンの15万キロを高く買取してもらうコツ
15万キロのコペンを買取で少しでも高く売る方法を詳しく書いた記事です。
タント(カスタム)の15万キロを高く買取してもらうコツ
15万キロのタント(カスタム)を買取で少しでも高く売る方法を詳しく書いた記事です。
ミラの15万キロを高く買取してもらうコツ
15万キロのミラを買取で少しでも高く売る方法を詳しく書いた記事です。
ミライースの15万キロを高く買取してもらうコツ
15万キロのミライースを買取で少しでも高く売る方法を詳しく書いた記事です。
ムーヴ(カスタム)の15万キロを高く買取してもらうコツ
15万キロのムーヴ(カスタム)を買取で少しでも高く売る方法を詳しく書いた記事です。
ウェイクの15万キロを高く買取してもらうコツ
15万キロのウェイクを買取で少しでも高く売る方法を詳しく書いた記事です。