ウェイクの15万キロを高く買取してもらうコツ

MENU

ウェイクの15万キロを高く買取してもらうコツ

ウェイク 15万キロの買取相場:0万円〜0万円

※これはあくまで相場であり、状態や年式などにより実際の査定価格とは異なることがあります。

15万キロ走っていたとして諦めるのはまだ早いです。中には15万キロだとしても思わぬ金額で買取してくれる買取業者がいます。しかし、自分で探すのは大変なので無料一括査定を使って15万キロの車を最高値で買取してくれる業者を探しましょう。
ちなみに15万キロの車を下取りに出すのは、ドブにお金を捨てるのと一緒です。賢い人は15万キロの車こそ一括買取査定などのサービスを使って少しでも高く愛車を売却しています。

 

15万キロのウェイクでも高く売る方法とは?

 

ダイハツの屋台骨を支えるモデルとして存在するのが軽スーパーハイトワゴンのタント、子育て中のお母さんが使いやすいようにと作られたママさんモデルで、自動車界のママチャリ、乳母車などといわれています。
やはりこういったモデルのオーナーや主に運転することになると女性ドライバー、特に主婦層が多くなるわけですが、企業としてはどんなモデルでもそういった偏りがあっては困ることになるわけで、打開策としてタントカスタムといったドレスアップモデルを作って、ママさん用の車を男性にも乗ってもらおうとしています。
これにすっかり騙されて恥ずかしい思いをしている方もたくさんいますが、タント系は間違いなく男性が乗る車ではありません。

 

しかし、このタントには更なる派生モデルが作られたのです。
それがこのウェイクです。
ウェイクはそもそも作られるモデルではなかったのですが、やむにやまれず急遽作られることになりました。
その理由はスズキのハスラーの存在です。

 

ハスラーは軽自動車ながらクロスオーバーSUVとして作られているモデルで昨今のクロスオーバーSUVブームに乗って大ヒットしていました。
しかし、ダイハツにはこれに対抗できるようなモデルが全くなかったため、早急にどうにかしなければならない状態となったのです。
そこで思いついたのがトヨタ系が得意とする既存モデルの流用という方法で、クロスオーバーSUVとは似ても似つかないものですが大ヒットしていたタントを利用してクロスオーバーSUVを作ろうとしたのでした。
それがウェイクの始まりです。

 

タントのボディパネルをウェイク専用品に付け替え、スライドドアもピラー内蔵ではなく、通常に戻しただけ、あとは外装をそれらしくしただけで中身はタントと全く同じ、ママチャリにドロップハンドルをつけてロードレースに出るようなものです。
こんなものが売れるわけがありません。
現にこの車の販売台数を見てみると売れたのは最初だけで、事実上の後継となるキャストアクティバが出てからはからっきし売れない車となりました。

 

中古車市場では悲惨です、さすがに新しいモデルはそこそこの値段、タントとしての値段がついていますが、年式が進むにつれて走行距離が進むにつれてタントを上回るほどの下落を見せています。

 

買取金額も2016年式で80万円から110万円といった中々いい感じとなっていますが、発売された当時の2014年式となるとその金額が50万円から80万円ぐらいにまで落ちてしまいます。
これも買った人がその車がタント以外の何物でもないと感じ始めて、手放すことが多くなり中古車の台数が多くなってくるからです。

 

2014年発売ということで15万キロオーバーとなるものはほとんどありませんが、タントなどの流れを見て想定するとたぶん15万キロオーバーとなってしまっては買取金額はつかないかと思います。
そのころになるとボディはガタガタでスライドドアもまともに閉まらなくなるでしょうし、KFエンジンで特に多いエンジンオイル漏れも頻発していることでしょう。
これでは価値などつくわけがありません。

 

それでも高く売りたいと思うのであれば、10万キロを超えた時点でダイハツのディーラーで下取りにだすか、事故車買取店に持ち込むのがいいかと思います。

関連ページ

アトレーワゴンの15万キロを高く買取してもらうコツ
15万キロのアトレーワゴンを買取で少しでも高く売る方法を詳しく書いた記事です。
コペンの15万キロを高く買取してもらうコツ
15万キロのコペンを買取で少しでも高く売る方法を詳しく書いた記事です。
タント(カスタム)の15万キロを高く買取してもらうコツ
15万キロのタント(カスタム)を買取で少しでも高く売る方法を詳しく書いた記事です。
ミラの15万キロを高く買取してもらうコツ
15万キロのミラを買取で少しでも高く売る方法を詳しく書いた記事です。
ミライースの15万キロを高く買取してもらうコツ
15万キロのミライースを買取で少しでも高く売る方法を詳しく書いた記事です。
ムーヴ(カスタム)の15万キロを高く買取してもらうコツ
15万キロのムーヴ(カスタム)を買取で少しでも高く売る方法を詳しく書いた記事です。
キャストの15万キロを高く買取してもらうコツ
15万キロのキャストを買取で少しでも高く売る方法を詳しく書いた記事です。