アルファード 15万キロ 買取

MENU

アルファード15万キロの買取に関して

トヨタのミニバンの最上級モデルとして作られているアルファード、初代モデルのアルファードGはそれまでのワンボックスワゴンの常識を覆すような豪華な装備を持ち、発売当初から非常に人気に高い車でした。
しかし、ここ最近はその豪華さが増したおかげで非常に買いにくい高額車両となってしまい、なかなか一般庶民で購入することができるという車ではなくなってしまいました。

 

それによって、新車市場同様に中古車市場でもかなり高い需要を持つようになり、買取に関しても決して悪い方向には進んでいないようです。
更に数年前に新しいモデルが発売され、それによって中古車市場にたくさんの先代モデル以前のものが流入していることから、ちょっとした賑わいを見せています。
そのいった中でアルファードをこれから売ろうとするのは悪い話ではありません。

 

きっと想像していたよりもいい金額になるのではないでしょうか。
しかし15万キロオーバーともなるとかなり走っていることになり、あちこちにそれなりの劣化が目立つようになります。
年式的にも15万キロといえば、ほとんどの場合初代モデルから2代目モデルの前半当たりのものということで古いモデルとして見ることができます。

 

年式は古い、走行距離は長いということで少しばかり不利な状態になってしまうのではないかと思われます。
ただ、基本的な人気があるため、目立った故障やトラブルがなければ思ったほど査定額を減額されることはないようで、更に仮に初代モデルだとしても欲しがる買取店が多いため、一括査定サイトなどをうまく利用して買取店同士を競合させればなかなかの金額を出すことができると思います。

 

査定の時に注意したい部分がスライドドアの動き、アルファードでは全モデルにおいて電動パワースライドドアを持っているのですが、初代モデルの当たりのものではこの電動開閉機能が故障してしまい、手動で開け閉めするものが多くなっているようです。
手動開閉でも実際にはそれほど不自由さは感じないものですが、自動で動くものが主導でしか動かないというのは、査定としては大きな欠点であって、はっきり言ってそのままでは売り物にはなりません。

 

そうなると買取店側や販売店側で修理をする必要があり、費用が掛かってしまいますので、そのぶん査定額からマイナスされてしまうことになります。
豪華装備をうたって販売している車だけあってスライドドアは重要な装備となるようです。

関連ページ

エスティマの15万キロでも買取で高く売れる?
エスティマは15万キロだとしても買取でも売れるのかお答えします。廃車はちょっと待ってください。
ヴォクシーの15万キロでも買取で高く売れる?
ヴォクシーは15万キロだとしても買取でも売れるのかお答えします。廃車はちょっと待ってください。
ランドクルーザープラドの15万キロでも買取で高く売れる?
ランドクルーザープラドは15万キロだとしても買取でも売れるのかお答えします。廃車はちょっと待ってください。
ノアの15万キロでも買取で高く売れる?
ノアは15万キロだとしても買取でも売れるのかお答えします。廃車はちょっと待ってください。
ハリアーの15万キロでも買取で高く売れる?
ハリアーは15万キロだとしても買取でも売れるのかお答えします。廃車はちょっと待ってください。
セレナの15万キロでも買取で高く売れる?
セレナは15万キロだとしても買取でも売れるのかお答えします。廃車はちょっと待ってください。
ステップワゴンの15万キロでも買取で高く売れる?
ステップワゴンは15万キロだとしても買取でも売れるのかお答えします。廃車はちょっと待ってください。
オデッセイの15万キロでも買取で高く売れる?
オデッセイは15万キロだとしても買取でも売れるのかお答えします。廃車はちょっと待ってください。
ワゴンRの15万キロでも買取で高く売れる?
ワゴンRは15万キロだとしても買取でも売れるのかお答えします。廃車はちょっと待ってください。